浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気と不倫の違いって?

浮気と不倫について、人それぞれの感覚で異なるため明確な定義がありません。
例えば手を繋いでもキスをしてもいいけれども心が動けばダメと言う人もいますし、体の関係を持った時点で浮気という人もいます。
何もしていなくても、他の異性を気にしたり好きになってしまった時点で浮気という人もいます。
様々なケースがあり人によって全く違うので定義付けが難しく、範囲が広いのです。

一般的に浮気は依存度が低く、不倫は依存度が高い

定義付けが難しい部分はありますが、一般的な観点でいえば、浮気より不倫の方が相手に対する気持ちは高い傾向にあります。

似ているようで違う浮気と不倫

人の価値観によって幅が広い為、浮気と不倫の違いというのをはっきりと分かっている方はあまり多くありません。
なんとなくで使っているという方がいますがこの2つは似ているようで違うのです。
まず、交際において本命の恋人と交際を維持しながら無断で他の相手と交際することや、他の人や物事に興味を持ったり、不特定多数の相手と情交に至ることを浮気といいます。
これは、結婚していない恋人同士の場合でも適用されます。

最近は既婚の男女を不倫対象として指します

そして不倫は、本来は道徳から外れること全般を指していましたが、近年では既婚の男女を対象として使われています。
配偶者を持つ人が、自分の配偶者以外の人と肉体関係を伴う交際を持つことを不倫といいます。
つまり、どちらかが結婚していて肉体関係があれば不倫となるのです。
結婚している場合でも、夫や妻が異性と食事をしたり、手を繋いだりした場合には浮気となります。
他にも、お互いが求め合い、相手を自分のものにしたいという感情が芽生えたり独占欲が強くなるのが不倫で、気が向いたら連絡して会い、連絡をとり合わなくても特に気にならないようなお互いが遊びのような関係を浮気ということもあります。

浮気も不倫も結局は「相手を深く傷つける行為」です

結婚している場合の浮気と不倫の違いを大きくまとめると、浮気は単なる気の迷いで、実は心の置き場を分かっています。
そして比較的短期間で、あまり第三者を巻き込まず配偶者を見限らない場合といえます。
一方で不倫は、ズルズルと関係が発展し泥沼化し、何かが犠牲になることが多いのです。
そして依存し関係が長続きし、最終的に配偶者か不倫相手かの選択を迫られます。
浮気は取り返しややり直しがきく可能性がありますが、不倫は深刻さを増し元には戻れないといわれています。
また、離婚裁判などでこのような行為が争点となることはとても多いのですが、法律上は浮気や不倫といった言葉はありません。
離婚裁判の際に重要なのは不貞行為があったかどうかということです。
しかし、どちらも自分の配偶者や交際相手をとても傷付ける行為です。
一時的な気の迷いなどで本当に自分の愛している相手を傷付けても良いのかというのを考えてみましょう。

関西No1の実績