浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

夫や妻の浮気が発覚した場合の対処法

世の中には結婚をしているにも関わらず浮気・不倫をしてしまうという男女がいるようです。
浮気というと男性がするイメージが強いようですが、女性の場合でも浮気をするケースも少なくありません。
その為、夫が浮気をして困る事もあれば、反対に妻の浮気によって困ってしまう可能性もあります。

冷静に対処することが大切です

出来心でつい・・・というケースも少なくない為、どの夫婦にも浮気問題に悩まされる可能性はありますが、いざ裏切り行為をされてしまった時にはどのような対処法を行えば良いのでしょうか。

まずは、浮気・不倫を許すか許さないかの判断を

まず考えてみたいのが許すか許さないかです。
やはり白黒をはっきりさせておかないと後々まで引っ張ってしまう可能性がありますし、モヤモヤしたままですとお互いにストレスになってしまいます。
そしてそういったモヤモヤがある事によって夫婦間の溝が深まり、やがて離婚に発展するという事もありますので、問題が発生した際にはしっかりと向き合っておく事が大切と言えます。

仮にもし許す場合ですが、単に水に流すだけにはしない方が良いかもしれません。
許してしまうと、「浮気をしてもこの程度で済む」と学習させてしまう恐れがありますし、最悪の場合はまた裏切りをされてしまう可能性があります。
許すにしても何らかの抑止力が必要ですので例えば、「もう浮気はしません」と誓約書を書かせるのも有効かもしれません。
誓約書があれば抑止力になる可能性がありますので、それで収まる事もありますが、しかしながらそれでは弱いケースもあります。

浮気・不倫の具体的な証拠を残すのも大切です

不安がある場合は次に浮気をした時の展開について具体的にしておくのが良いと言えます。
「次に裏切ったら離婚をします。子供の養育費も払います」、「慰謝料として○○円を支払います」など、このように具体的に内容を決めておく事によって、夫婦間だろうと約束を守る義務が生じます。
もし、誓約書を書かせたにも関わらず、約束を守ってくれない時には弁護士に相談して対策するのも良いでしょう。
とにかく口約束で終わらせない事が大切ですので、もしもの時の為にもしっかりと誓約書を書かせる事をお勧めします。

もし一度の浮気も許せないという時には証拠集めを行っておく事が大切です。
メールのやり取りがあるのならコピーを取っておいたり、ラブホテルのレシートや二人のツーショット写真などなど、これらの証拠がある事で離婚の時にも役立てられますし、証拠があると何かと便利です。
また、弁護士に相談するのも有効と言えます。
慰謝料請求も可能ですので、どうしても許せない時には相談も検討してみると良いでしょう。

関西No1の実績