浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気・不倫の証拠あれこれ

恋人に浮気・不倫をされたというようなときには証拠を集めてそれを告発するべきです。
もちろん知らないふりをして過ごす、相手を直接問いただすと言ったようなことができないわけでは無いのですが、それをしても良い結果になることはあまりありません。
知らないふりをして過ごすというのはただ問題を大きくするだけですし、直接問いただしても「はい、浮気をしています」というように答えてくれる人は早々いないでしょう。
そのため相手の浮気、不倫を告発したいという時には証拠を集めなくてはならないのです。

浮気・不倫の証拠を集める場合のポイント

デジタルではなく、アナログで証拠を残す

さて、では浮気や不倫を告発する時の証拠として使えるものには何があるかというと、最も確実なのは写真やビデオです。
例えば不倫相手と一緒に食事をしている写真や手をつないでいる写真、ラブホテルに入る様子を捉えたビデオがあれば、裁判であっても非常に強力なものとして活用できます。
ただ証拠として写真を用いる場合には、インスタントカメラで撮影した方が良いでしょう。
デジタルカメラだと画像処理の可能性があるとして、状況証拠程度の扱いになってしまいます。
また、こうしたものが用意できない場合には録音テープや電子メールといったようなものも有力になります。

例えば不倫相手との会話を録音したテープなどは有力な証拠になりますし、自分で浮気を認めた発言を録音しておくことも有効です。
この際にもやはりデジタルの録音データだと改変が疑われますから、通常のテープに録音することが重要です。

さて、裁判でも有力に活用できるものだとこういったものがあるのですが、これより若干弱くはなるものの第三者からの証言や、愛人と宿泊したホテルの領収書なども使えます。
また案外見落としがちなところだと、クレジットカードの履歴というものも不倫の証拠になることがありますので、ここもチェックしたいところです。

証拠集めは相手に気づかれないように

相手に対して事実を告白させようとするのであれば、それなりに自分自身も用意をしておかなくてはなりません。
そうした用意が無いまま相手を告発しようとすると、より状況が悪くなってしまったり、先に証拠の隠滅を行われてしまうこともあります。
こうしたことの準備はくれぐれも慎重に、相手に悟られないように行うことが大切です。
もし自分だけでは手に余るというようであれば、探偵事務所や興信所の力を借りてみるようにすると良いでしょう。
全国各地の探偵事務所ではこうしたケースに対応してくれますから、まず相談してみることをお勧めします。

関西No1の実績