浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気・不倫調査の依頼がばれた時の対処法

ばれると、取り返しがつかなくなる浮気・不倫調査

パートナーの行動に違和感があったり、異性の影がちらついている場合、自分で浮気の決定的証拠をつかむのはとても難しいものです。

そこで頼りになるのが、探偵事務所です。
探偵事務所では、浮気調査の際には様々な道具を用いたり、そのシチュエーションに合わせて最善の対策をとってくれるので、決定的な証拠がつかみやすいというメリットがあります。
しかし、自分で行う場合でも、探偵事務所に依頼している場合でも、最も注意したいのが、相手にばれることです。

浮気調査では、調査していることが相手にばれてしまった場合、相手が警戒心をより一層抱いてしまうので、その後の調査が困難になってしまいます。
慎重なタイプの人であれば、浮気調査がばれた時点から、浮気相手と合う回数を極端に減らしたり、極端な場合には別れを選ぶ人もいます。
数週間で警戒心が薄れる人もいれば、何年も警戒心が薄れることもなく、さらに巧妙化してしまう人もいます。
このようになると、証拠を押さえるというのはかなり困難となるので、浮気調査がばれるというのは最もタブーなことです。

浮気・不倫調査がばれた場合、探偵事務所とは契約を破棄することが大切

しかし、万が一探偵事務所に依頼していた浮気調査が相手にばれてしまったら、ばれた時の対処法も知っておきましょう。
まず最も良い浮気調査がばれた時の対処法としては、依頼していた探偵事務所との契約を破棄することです。
契約条件によっても異なりますが、相手のミスにより調査が続行できない場合には比較的スムーズに解約手続きを進めることが出来ます。

そして、調査がばれるということは、調査員の力不足が最も大きな原因です。
調査において大切なことは、その場に馴染んで相手に不信感を抱かせないことです。
また相手に気づかれそうになった場合には、即座に察知して、調査をいったん打ち切らなくてはなりません。
その判断が鈍っていると、相手にばれてしまうという結果に繋がります。
ばれてしまうというのは調査員にとっても致命的なことです。
料金や契約条件ばかりではなく、調査員の実績なども確認して、他の有力な探偵事務所に再度相談してみましょう。

探偵事務所は慎重に選びましょう

探偵事務所によって、得意とする分野や担当しているエリアも異なります。
得意分野であれば、その分力を入れているので、用意している機材や、人材も優秀なものが多いです。
またエリアも大切です。
担当エリアであれば、細い裏路地まで把握しているので、隠れたり逃げたりもスムーズに行えます。
浮気調査を依頼するためには探偵事務所選びを慎重に行いましょう。

関西No1の実績