浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気・不倫調査が失敗したらどうなるの?

パートナーの言動に不信感を抱いて浮気を疑っている場合、個人的に浮気の証拠を押さえることはとても難しいものです。そこで活躍するのが、探偵事務所による浮気調査です。

探偵は浮気・不倫調査のプロですが、時にはばれる場合も

探偵事務所には、浮気調査に必要な技術や知識、道具がきちんと揃っています。
そのため、個人的には出来なかった調査方法を行うことが出来るので、高確率でしっかりとした証拠を押さえることが出来ます。
しかし、まれに探偵事務所による浮気調査にも失敗する場合もあります。
浮気調査の失敗に該当することとして、まずは浮気調査がばれるということです。
調査をしていて最もタブーとなることが、調査していることが相手にばれてしまうことです。
ばれてしまう方法にも色々あります。

浮気・不倫調査がばれる原因は依頼者にもあり

依頼者の原因でばれる場合は自己責任

無造作に調査依頼の書類などを自宅に置いておいた結果、パートナーに発見されてしまったというものや、電話などを聞かれてしまったというものです。
このような場合には探偵事務所には落ち度がないので、全て自己責任となります。
調査中に調査員がばれてしまった場合は、探偵事務所の完全なる落ち度によるものです。
調査員はその場の雰囲気や、相手の様子によって調査の続行か中断かを判断していかなくてはなりません。
この判断ミスにより相手にばれてしまった場合には、契約内容悪のにもよりますが、返金をしてもらうことも可能です。

ばれる以外の浮気・不倫調査の失敗例

もちろん、探偵側のミスで失敗することもあります

他の失敗例としては、調査期間中に証拠を押さえることが出来なかったというものです。
これは、原因として考えられるものがいくつかあります。
まずは依頼主の事前の情報が不足していたり、間違っていた場合です。
依頼主からの情報によって探偵事務所は調査計画を作成していくので、その内容が間違っていた場合には、証拠を押さえにくい状態となってしまいます。

もう一つの原因は、調査員の力不足です。
決定的な瞬間を見落としてしまっていたり、尾行に失敗したりという場合もあります。

失敗した場合の返金についても確認が大切です

探偵事務所側の原因でばれる場合は返金の可能性あり

探偵事務所ごとに契約内容や、失敗した際の支払いについてなどの規定は異なりますが、成功報酬型の料金設定の場合には返金してもらえる可能性もあります。
調査を依頼したからといっても、絶対に証拠を押さえられるとも限りません。
ばれてしまうなどの失敗も起きることがあります。
事態が発生してから、料金についてや返金についての話し合いを始めると、トラブルとなる原因になります。
契約する前に、成功した場合だけでなく、駄目だった場合の料金の支払いについてや返金制度についてなど確認しておくことが大切です。

関西No1の実績