浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

素朴な疑問!なぜ、浮気調査が減らないのか?

探偵が調べればすぐに浮気・不倫がばれるのに・・・

大変残念なことというべきか、探偵などに依頼される浮気調査の数は一向に減る気配を見せていないと言われています。
こう言えば、それはおかしなことだと思われる方もおられるかもしれません。
なぜなら、調査会社の調査技術は年々進歩しており、それ知っている現代人は迂闊に浮気をすることを控えているはずだと考えるからです。

確かにまともに考えれば、そうした憶測が十分に成り立つからです。
しかし現実として、浮気調査の数は減っていないのです。
それは一体どこに理由があるのでしょうか。

大きな理由は共働きの世帯が増えたこと

最近は女性の浮気も多くなってきたのも理由です

浮気調査が減らない理由は、大きく分ければ3つあると思ってください。
一つは、なんだかんだいっても、男性も女性も、浮気をしてしまう人が依然として多いからです。
最近は共働きの世帯が増えたこともあってか、主婦も働きに出るようになり、夫婦が共に過ごす時間はますます減っています。
そうした中で、夫も妻も職場での友好関係を築き、その中で誰かを好きになり、つい浮気をしてしまうのです。
男性は昔からこうした機会が多かったわけですが、最近はこれに女性も加わったという形になります。
ゆえに、男性も女性も浮気をする人がまだまだ多いという理由で、浮気調査の数が減少しないのです。

浮気をやめさせるために調査を依頼する方もいます

次の理由は、夫か妻、どちらかが浮気をしている場合、伴侶である奥さんか旦那さんが、その浮気をやめさせるために浮気調査を依頼するというものです。
ここに離婚する意志があるかないかは別にして、とにかく浮気をやめさせるために、浮気調査を行ってその証拠を伴侶に突きつけ、それによって浮気をやめさせようというのです。
証拠を見せられれば言い訳をすることができなくなるので、それによって浮気をしないようになります。
このように、伴侶の浮気をやめさせるための証拠を掴もうとする人が多いという理由も、浮気調査がなかなか減少しない理由となっています。

将来のため、念のために調査する人もいます

最後は、伴侶のどちらかが、離婚した場合に備えて伴侶の浮気を調査しているのも、浮気調査が減らない原因です。
浮気の疑いがある夫か妻と離婚する場合、伴侶が浮気をしたという証拠がなければ慰謝料を請求することができません。
したがって、離婚のときに確実に慰謝料をもらうために、浮気調査を行っておくのです。
この場合、実際に伴侶が浮気をしているかどうか確信がなくても、あるいは疑いすらなくても、念のために調査しておく人もいます。
このような3つの原因で、浮気調査は一向に減らないのです。

関西No1の実績