浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気・不倫調査後に、復縁か離婚かで気を付ける事

復縁か離婚かで、変わる調査内容

パートナーの浮気は、疑いはあっても、なかなか決定的な証拠を掴みにくいものです。
仲良く裸で映った写真をスマホに残している、などというバカな男もたまにいますが、そういうタイプは稀です。
普通は夫や妻がいれば、バレないように慎重に行動します。
ましてやパートナーが疑っている気配を感じれば尚更です。

浮気しているかしていないのか、確信を持てない状態が一番精神的に良くありません。
プロの探偵に浮気調査を依頼し、まずは事実かどうかを確かめましょう。
但し、事前に浮気調査後に復縁したいのか、それとも離婚したいのか、ある程度方向性を決めておいたほうが良いでしょう。
それによって注意すべき点も異なりますし、調査の範囲も変わってきます。
浮気相手の素性まできっちり調べ上げたいとなると、費用も高額になりますが、浮気調査後に復縁するのであれば、相手の素性までは必要ありません。
逆に離婚するなら、パートナーからも浮気相手からもきっちりと慰謝料をもらわなくてはなりませんから、相手の名前、住所、勤務先などを調べてもらわなければいけません。

復縁か離婚かで、注意しなければいけない点

復縁する場合の注意点

浮気調査後に復縁するのであれば、執拗にパートナーを責めないことです。
調査によって言い逃れできない証拠を掴んだとしても、それをすべて見せる必要はありません。
パートナーが反省し、二度と浮気しないよう、悔い改めてくれればそれで充分です。
一度許した後で、夫婦げんかのたびに蒸し返す、というようなことも絶対にしてはいけません。
いつまでもしつこく責められると、一度は反省したパートナーも、再び浮気に走るかもしれません。
その時は、必ずしもパートナーだけが悪い、とは言い切れなくなります。

但し、相手が言い逃れできない程度の証拠は手に入れなければなりません。
せっかくお金をかけて浮気調査をしても、相手が認めなければ意味がないからです。
そして、夫婦として関係を修復するのであれば、浮気調査後に相手への慰謝料請求も止めておいたほうが良いでしょう。
口止めをしても、相手は必ずパートナーに報告しますし、そうなるとパートナーの気持ちは必ず冷めてしまいます。

離婚する場合の注意点

浮気調査後にクロであった場合は離婚する、と決めておけば、徹底的に調査してもらわなければなりません。
相手がしらばっくれた時のために、裁判でも充分通用するような決定的な証拠を掴んでもらいましょう。
ただ、浮気の慰謝料というのは思っているほど高くありませんので、費用対効果を考えて進める必要はあります。

関西No1の実績