浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気・不倫調査後、受け取る養育費の相場

双方の収入や子供の数・年齢などで決まる離婚後の養育費

養育費の金額に浮気の理由は関係ありません

探偵に夫の浮気調査を依頼したところ、案の定浮気をしていた、許せないから浮気調査後に離婚したい、というケースは多々あるでしょう。
もちろん親権はこちら持ちで、相手から存分に養育費をぶん取ってやる、と思う女性も多くいます。
相手の浮気が原因で離婚するのだから、当然相場よりも多い養育費をもらえるはずだ、と考える女性は多いのですが、実は離婚原因と、離婚後に受け取る子供の養育費はまったく関係ありません。
子供の養育費は、あくまでも双方の収入、子供の数、年齢によって決まるもので、夫の浮気で離婚したからといって、多くもらえるものではありません。
浮気調査後、浮気していることがはっきりしたとしても、そのあたりを踏まえて、離婚するかどうか、慎重に判断すべきです。

養育費のだいたいの試算

本当なら離婚したいが、経済的にやっていけるかどうか自信がない、という人もいるでしょう。
養育費をいくらくらいもらえるのか、気になるところです。
裁判所が公開している養育費の相場を見てみましょう。
14歳以下の子供が2人、夫が年収500万の会社員、妻の収入がゼロとすると、8万円程度になります。
妻の収入を100万とすると、7万円程度になります。
夫の収入が1000万円なら妻に100万の収入があっても13万円程度、なければ15万円程度です。

このように相手の収入が大きく影響します。
子供の年齢が小さいうちは、夫の収入もさほど多くないでしょうから、決して充分な額とは言えないことが分かります。
しかし、これはあくまでも目安であり、任意で決める分にはいくらでも構いません。

収入が変われば減額請求ができる養育費

有名な野球選手の離婚では、浮気などの事実がなかったにもかかわらず、毎月200万円の養育費に決まったことが話題になりました。
少しでも多くもらうには、浮気調査後、その証拠を上手に活用することです。
特に浮気調査後、夫が開き直ったかのように離婚を求めてきたら、離婚に応じる代わりに養育費を多くもらう、ということも可能です。
浮気調査後、証拠をどう活用するかによって、その後の人生が大きく変わると言っても過言ではないでしょう。

ただ、養育費は一旦決めても減額請求ができることを忘れてはなりません。
あまりに高額な養育費を取り決めても、払えないような額では減額請求されるのは目に見えています。
減額請求されれば、相場通りになる可能性もあります。
大切なのは、無理なく払える範囲で、相場よりも多い金額を取り決めることです。
親権を持つ親が経済的に一次的な責任があることも、忘れてはなりません。

関西No1の実績