浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

GPS発信機で浮気調査ができるのか?

パートナーを尾行せずとも居場所が分かるGPS調査

浮気調査と言えば、探偵に依頼して証拠をとるイメージがあります。
そのほうが確実で、言い逃れができないはっきりとした証拠を手に入れられることは分かっていても、料金のことが気になってなかなか踏み切れない、という人も多いはずです。

確かに探偵に依頼すると、何人かの人が浮気調査に動くことになりますので、費用も高額になりがちです。
自分でできることは限られているが、できることなら自分でやってみたい、と考えるのも当然でしょう。
自分でできる浮気調査は限られているものの、有力で簡単だと思えるのがGPS発信機を使った調査です。
自分で後をつける必要もなければ、仕事を休む必要もありません。
機械が自動的に居場所を示して記録してくれるため、どこへ行ったかすぐに分かります。

GPS発信機には2種類のタイプがあります

GPS発信機には、リアルタイムで居場所を特定できるタイプと、移動履歴を端末に記録するタイプの2種類があります。
浮気調査には、記録するタイプのほうが適しているでしょう。
GPS発信機を購入するお金はかかりますが、それさえあればあとはほとんどお金がかかりません。
探偵も使っている調査の道具です。

GPS調査は違法か合法か

GPS調査をするにあたっての注意点

問題は、GPS発信機を使った浮気調査が可能か、つまり合法か、ということです。
違法性の高い方法で収集した証拠は裁判で認められない可能性もあります。
せっかくお金を出して買ったGPSも、証拠にならなければ意味がありません。

結論から言いますと、著しくグレーな方法です。
内緒で行動を監視する行為は、言うまでもなくプライバシーの侵害にあたり、誰も良い気はしません。
仮に違法とまでは言えないとしても、相手の立場になってみれば、決して面白くないでしょう。
離婚するならともかく、修復を望んでいるのであれば、慎重になるべきでしょう。

その反面、相手の携帯電話をチェックし、そこで見つけた証拠であっても、裁判では証拠として認められています。
本来であればこれもプライバシーの侵害に当たりますが、夫婦間のことですからあまり問題になることはありません。
そう考えると、GPS発信機で行動を監視することも、浮気調査という正当な理由があれば、許される範囲だと考えることができます。
ただし、発信機を取り付けるために相手が使っている社用車などに侵入した場合は、違法と判断される可能性もあります。
夫婦の所有物であれば共有財産として違法性は低くなりますが、第三者の車となると話は別です。
もちろん浮気相手の車であっても、取り付けるのはやめたほうが良いでしょう。

関西No1の実績