探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

探偵による調査内容と方法【素行調査の場合】

探偵による素行調査を行う方法は、調査の依頼内容にもよりますが、まず尾行・張り込みからその人物が「どのような生活を送っているか」、「どのような交友関係があるか」などを調査して行きます。

探偵を選ぶ際の注意点

素行調査は、一人で行動する探偵に依頼するのは避ける方が良いでしょう

一人で行動する探偵のデメリット

探偵は通常、二人以上のチームを組み尾行や張り込みを行います。
値段を下げて単独で尾行調査を行う探偵もいますが、探偵一人の場合は相手にバレやすくなり、一人の時はトイレにも行けず、途中で見失う可能性も大きくなります。
また、ホテルなどの出口が多数あるような密室からターゲットが出てくる場合、一つの出口しか見張ることが出来なくなるなどのデメリットがあるため二人以上で調査を行うのです。

また、素行調査を行う相手の近隣まで足を運び、その人が日頃はどんな風なのかなどについて調べたりもします。
その人物が前に勤務していた会社などがある場合は、そこに電話をかけ、元上司や元同僚達に依頼人と素行調査をしている人物との関係を率直に話し、勤務状態などを聞くこともあります。

素行調査ではその人物が「宗教の問題を抱えていないか」、「借金をしているか」、「近隣や友人、会社などでトラブルを起こしていないか」などの深い部分まで調査を行う場合もあります。
このように一般的には、電話や近隣訪問により交友関係や人物像の調査をおこなって行きます。
近隣調査以外には元同級生や親交が薄くなっている人物に聞く場合もあります。

裁判での証拠用に写真を撮影してもらうのも良いでしょう

そして、探偵が素行調査を行う場合、写真などを取る必要がある時は、専門の撮影機材を使用してその人物の顔を克明に撮影します。
克明に取るということが大切で、これは相手の顔がはっきりと映っておらず曖昧で当人か確認出来ないような場合では意味が無いからです。
例えば、結婚などをする前の調査の場合には報告書を見てもらい、結婚を再度考え直してもらう方がいい場合もあります。
そんな時、人違いと思われないくらいの鮮明さが重要になります。
このような写真は、暴力行為や詐欺行為などが絡んで来る場合で、警察に動いてもらう必要があるような場合や、裁判が必要になるような場合に、証拠としても役立ちます。
そのため、相手の顔がきちんと鮮明に映るように撮影し、証拠として残す必要があるのです。

この調査では、車もよく使います。
車もターゲットに単独で真後ろについてしまうと、異変に気づかかれ、すぐに見破られてしまう可能性が強いため、チームで様々なテクニックを駆使し調査を進めて行きます。
この他に、機動性に富んでいるバイクを使うことも多々あります。
このような色々な方法を使い素行調査をおこなっていきます。

関西No1の実績