探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

探偵の収入はどれくらい?

探偵の収入はどれくらいなのでしょうか。
仕事として狙っている人には切実な内容ですが、一概には言えない部分があります。

探偵の世界は完全実力主義

長いあいだ勉強をして取得する、ゴールドライセンスの医師のように、高収入を確実に手に入れられるそれとは、探偵の手に入れるお金は違います。
一つ言えることは、探偵を仕事に選ぶなら、そこには完全に実力主義の世界があるということです。
努力と結果の実力次第で性別や年齢は関係なく、上を目指していくことができる仕事です。

高収入を得られるのはほんの一握りの探偵

探偵事務所は大手もありますが、零細まで実にピンキリです。
ほかの職業のように平均的な年収を算出するのは、簡単ではありません。
個人差がとても大きく出ます。
テレビドラマなどの影響もあり、一般的にはひとつの依頼をするのでも、支払い費用は高めです。
会社の規模的にも大きく、依頼件数も多く、事務所でも上のポジションだったら、年収としても1000万円台に達することもあります。
実力社会であるだけに、こうした高収入を得られるのは一部の人間です。

年間年収は300万円から400万ほど

大手事務所で社員として勤務すれば30万前後が目安であり、事務所が小規模なら20万程度の収入が目安といったところです。
そこから実力が追いつかずに、伸びないこともあります。
年間の年収にしたら300万円から400万ほどのボリュームゾーンですから、一般の新卒会社員レベルといったところでしょう。
給料に対して計算をした時に、勤務時間が長いことの方が多いのも、この仕事の割に合わない特徴です。
普通の企業のような、週末休みも期待はできません。

探偵への依頼料金がどこも高額であるのは、この業種が特殊な専門技術や、あるいは特殊な機器を使う為です。
こうして経費がかさむために、経営は大変になります。
不規則な時間帯で人間を雇う人件費や、勤務時間は長時間にも及びます。
調査作業は困難なことも多いですし、出張で遠方に出向くなどあります。
こうした背景もありますから、依頼費用を高く設定をしなければ、会社を運営ができなくなります。
従業員への給与も支払わないといけません。

成功報酬型の給料体系のパターンは、この業界では多く見受けられます。
調査の成功によって、そこにはインセンティブが発生し、毎月の給料に上乗せされるパターンです。
依頼事項の信用調査や男女関係の不倫の調査依頼などは、機密になっていますし隠蔽されていることもあります。
そのため真相を探るのも時間がかかります。
身元不明者だとか、行方不明者の捜索は、人間の数も勝負になりますし、時間をかけても発見しない事もあります。
いずれにせよ、探偵の世界は実力が収入には大きく関与します。

関西No1の実績