探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

探偵は本当に変装するのか

もちろん変装します。といったら言い過ぎかもしれませんが、変装することはごく普通ですし、逆にどんなときでも一切しない、できない探偵というのはまずありえません。

探偵が変装することの重要性

確かに、探偵は普通、調査の対象者とは何ら接点がありません。
ですから別に変装せず素のままでも、自分が探偵だと対象者に知られてしまう危険は基本的にはありません。
しかし、それは初めのうちだけです。
何度も繰り返し、様々な場所で対象者を調査するうちに、何かよく分からないが同じ人が常に自分の周りにいる、と相手に感づかれればそれだけで調査継続は極めて困難になってしまいます。
そのために変装するわけですが、初めに言っておきたいことは、一般の人がイメージするような大掛かりなものでは決してないことです。

探偵はドラマのような変装は絶対にしません

映画やドラマに出てくるように、至近距離からまじまじと見ても全く別人が化けているとは見分けがつかないような、ある特定の人と瓜二つになる、などといったことはありません。
そもそも探偵の仕事に、自分をある特定の別人に見せかけるように変装するというものはありません。
そんな必要はなく、要はさっきのあの人、昨日のあの人と同じだ、という印象を相手に持たれなければそれで十分なのです。
普通の人は日常的に自分の周りにいる赤の他人を、さほどしっかりと覚えているわけではありません。
誤解を恐れずにいえば、普通の人でもTPOに合わせてファッションスタイルを変えると思いますが、どちらかというとそれに近いもので十分なのです。

探偵は目立たないように変装することが重要

基本アイテムは帽子、メガネ、上着です。
こういったものを組み合わせる、組み合わせを変えるだけでも、人の持つ印象はかなり変えることができるからです。
一方で、これもドラマの影響かもしれませんが、よくいわれるカツラや濃いサングラス、つけひげなどはほとんど用いません。
かえって目立つことがあるからです。

もちろんこれらの小物だけで十分であるわけではありません。
重要なことは、目立たないことです。
さきほど挙げたアイテムも、できるだけ地味なものを使います。
そして、自分を周囲の雰囲気に溶け込ませることです。
例えばオフィス街であればサラリーマンの格好をします。
昼間の住宅街にスーツ姿の男性は、もちろんありえないわけではありませんが、目を引く可能性は十分かもしれませんね。
住宅街であれば買い物袋を持ったり、宅配業者を装ったりと、できるだけその場にいても不自然ではないような格好をするわけです。

関西No1の実績