探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

探偵による調査内容と方法【いじめ・いたずら調査の場合】

探偵に依頼する内容は、浮気や身元調査だけではありません。
警察に相談しても動いてくれない、いじめやいたずらに関しても探偵に相談すれば親身になって話を聞いて、困っている状況を改善するためにお手伝いをしてくれます。

子供の異変に気づけることが重要

子供が学校からケガをして帰ってきたり、洋服が汚れて帰ってくる、そして子供がふさぎこむような態度を見せたらいじめをうけている可能性があります。
しかし学校に改善するように行っても、学校がいじめの存在を認めない傾向が強く、教師もあてになりません。

学校が頼りにならない場合は、探偵にお任せ

そんな時に探偵に依頼すると、学校を出てから家までの子供たちの行動確認をします。
ただ学校には防犯上、部外者は入れないことになっていますから、学校内での行動確認が難しくなります。
教室で行われていることを確認するために、見た目はボールペンにしか見えないような特殊な盗聴器を子供に持ってもらい、いじめの状況を確認することにしています。
盗聴器などでいじめの状況を確認したら、音声を証拠として調査報告書を作成し、調査の依頼主に渡します。
調査内容によっていじめが明らかになったら、証拠をもとに学校に持っていき状況改善を促したり、いじめをしている子供の親に証拠をつきつけて、指導を行ってもらうことができます。

いじめは子供だけではなく、大人も遭う問題です

また、いたずらの場合は、子供だけでなく大人の社会でも起こりうる事件になります。
車や家の塀、インターホンなどにいたずらをされた場合は、1度であれば通り魔的なものである可能性がありますが、何度もいたずらが続くようであれば、それは知り合いや近所である可能性が高くなります。

目的は何なのかがはっきりしないと怖いですから、早めの対処が必要になります。
ただいたずらをしている現場を確認しなければ、いたずらをしている人が誰かをはっきりと特定することができませんので、特定方法として、目立たない場所に防犯カメラを設置したり、探偵が見張りをして証拠を確保するという方法をとります。

防犯カメラに見えないような特殊機械を使っていますので、いたずらの犯人を油断させ、しっかりと証拠を得ることができます。
映像の証拠をもとにして調査報告書を作成すれば、それを警察署に持っていき相談することができます。
証拠さえあれば警察も親身になって相談にのってくれますし、いたずらの犯人にとっても言い逃れを許しません。
些細な事件でも、後々大事件に発展することがありますから、少しでも気になることがあれば探偵に相談して、早めに解決するようにすれば安心です。

関西No1の実績