探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

探偵による調査内容と方法【セクハラ(パワハラ)調査の場合】

セクハラ、パワハラという言葉はすっかり定着しました。
実はこのような問題は昔からありましたが、泣き寝入りをする人がほとんどでした。
職場では、多少の性差別を受けても仕方がないという風潮があり、上司が威圧的なのは当たり前とも思われていました。
しかしそのような人間関係では健全な労働はできません。
被害者が声を上げるようになり、企業も真剣に取り組むようになりました。

第一に必要なのは何より証拠です

泣き寝入りしない、声を上げようと決めたなら、第一に必要なのが証拠です。
大企業などではこうした問題を訴える窓口などが設置されていたりしますが、証拠がなければ加害者がシラを切れば終わりです。
窓口に相談した事実だけが残り、会社に居辛くなるなどの最悪の事態も考えられます。

自分で証拠集めをしようと思っても、同僚の1人でも上司に告げ口をすれば、すぐに動きが察知されてしまいます。
また、被害者が会社を辞める覚悟があったとしても、同僚たちは会社に残る人たちです。
会社を敵に回すような証言を積極的にしてくれる人はほとんどいないでしょう。

自分で証拠を集めるより、第三者の探偵に依頼することをおすすめします

このように、セクハラやパワハラの被害を受けたとしても、自分で証拠を集めるのは至難の業です。
自分で動くのですから、相手に知られるリスクも高くなります。
確実な証拠を確保したいなら、探偵に依頼するのも1つの方法です。
被害者の証言ももちろん証拠にはなりますが、加害者が否定すれば言った、言わないの水掛け論です。
しかし、探偵という第三者が集めた証拠は客観性があり、それだけ証拠能力が高くなります。

セクハラ・パワハラ調査を探偵に依頼するメリットとは

調査内容は加害者の素行調査、職場の同僚などからの聞き取り調査、被害者の証言の裏づけ、など多岐にわたります。
もちろん依頼者の名前は調査の段階で明かしませんので、誰が調査しているか周囲にバレることはありません。
万が一証拠が掴めなくても、失うものは何もありません。

加害者の素行調査によって、過去に同じようなセクハラ、パワハラが明るみに出ることがあります。
もしも前科があれば、被害者の証言も信憑性を増します。
探偵に依頼せず、自力での調査となると、そこまでの成果は上げられないでしょう。

もう1つ、探偵に依頼するメリットがあります。
それは、本当にセクハラやパワハラにあたるのかどうか、といった見極めができることです。
受け止め方は人ぞれぞれですので、本人はセクハラだと感じたとしても、世間では判断が分かれそうだ、といった率直なアドバイスを受けることができます。

関西No1の実績