探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

ナンバープレートの豆知識

ナンバープレートの色が持っている意味は?

街の中を走っている車は、すべてプレートをつけています。
しかも、大きさや色が違ったり、アルファベットやひらがなが使われていたり、実にさまざまです。
プレートの豆知識を学ぶのは、大変に興味深いことではありませんか。
自動車のナンバープレートは、4種類の色と文字の組み合わせがあるのが通例です。
まず、白地に緑の文字というのが、ごく一般的な自動車のナンバープレートです。
最も身近に感じる組み合わせでしょう。
自家用の登録自動車はじめ、ごみ収集車、消防車、コンクリートミキサー車などの登録自動車がこの組合せのナンバープレートを付けています。
次に、緑に白の文字のナンバープレートです。
これは、事業用の自動車であることを示しています。
卑近な例では、タクシーがそうです。
この組み合わせは、人を乗せたり、荷物の運搬を行うための事業用の登録自動車に交付されているのです。
タクシーは、必ず緑に白の文字のプレートですので、広く知られています。
ほかに、黄色に黒の文字のプレートは、一般的な軽自動車に付けられています。
タクシー以外にも、路線バスや観光バス、宅配便、引っ越し会社などのトラックは、この色のプレートを付けています。
このプレートを付けていると、政府の認可を得て事業を行っていることを証明しているのです。
自家用であれ商用であれ、軽自動車が黄色に黒の文字の組み合わせのプレートを付けることになっています。
また、黒に黄色の文字は、事業用の軽自動車のナンバープレートに使われています。

ナンバープレートの文字についての豆知識

ナンバープレートの左側には、さまざまなひらがなが書かれています。
頻繁に見かけるものですので、よく知られていることでしょう。
事業用の登録自動車に使われているひらがなは、「あ」「い」「う」「え」「か」「き」「く」「け」「こ」「を」です。
レンタカーには「わ」と「れ」が使われています。
なお、4つのひらがなは、ナンバープレートに使われていません。
その4つとは、「お」「し」「へ」「ん」です。
「お」は、「あ」と見た感じが似ているので、見間違いを避けるためです。
「し」は、「死」を連想して縁起が良くないので、使っていません。
「へ」は、おならを思い浮かべますので、避けています。
「ん」は、単独で発音するのが難しいからです。
また、「よ」の文字は、日本で退役や除隊をした元軍人で日本国籍を持たない人の車に使っています。
これら以外のひらがなが、自家用自動車のナンバープレートに使われているのです。
プレートの豆知識を知っていると、車が走っているのを見ても楽しくなります。

関西No1の実績