探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

大阪で探偵に最も多い依頼

大阪で探偵の調査依頼で多い案件とは

大阪の探偵や興信所の調査依頼で最も多いのは浮気調査で、次いで盗聴器発見です。
大阪の離婚率は1位の沖縄に次いで全国第2位で北海道と同じ水準です。
離婚率が高い理由ですが、1996年に行われた「浮気に対する意識についての調査」で、大阪の男性が不倫に対する許容度が最も高いという結果が出ています。
特に20~40代の男性にこの傾向が顕著にみられていることから、実際に浮気が行われている率も高いと思われます。このような事情で、探偵に浮気調査の依頼が多いのです。
盗聴器については人口の多い大都市ほど発見される数が多く、3割以上が一般家庭で見つかっています。家族や恋人、同僚などによって仕掛けられているケースがほとんどです。

浮気調査で探偵を選ぶコツ

探偵に浮気調査を依頼する場合にネットで検索すると無数の探偵事務所がヒットします。
言いかえるとそれだけ浮気調査の需要が大きいことを意味していますが、どの事務所を選べば良いのか迷ってしまいます。
浮気調査を専門とする探偵や興信所は無数にありますが、選ぶ際のコツがあります。
不倫は対象人物と異性の誰かがラブホテルに出入りする様子を、2人の顔が識別できるほど鮮明な写真か動画に撮影しなければ決定的な証拠として認められません。
2人でデートしている様子を撮影しても浮気とはみなされず、単に仲が良いとみなされるだけです。離婚や慰謝料請求のために必要な証拠を押さえるためには高い撮影技術が必要なのです。
昼間であればともかく、夜間にラブホテルに出入りする様子を撮影するためには高い撮影技術と高価な撮影機材が必要になります。
ラブホテルは普通のホテルとは違い、夜間は目立たない暗い場所にあります。建物の色も白やピンクなどで日中こそ目立ちますが、夜間は暗くて目立たないような場所にあるのです。
出入り口から道路に出ると真っ暗で、普通のカメラでフラッシュを使用せずに顔の識別ができるほど鮮明な写真を撮影することは困難です。
このため、浮気調査には暗い中でも解像度の高い写真や動画を撮影することができるような高感度の機材が必要となります。
ですから、浮気調査を探偵に依頼する場合、暗闇の中でも撮影ができる機材を持っているかどうかを確認するようにします。
仮に浮気が行われていることが判明したとしても証拠写真・動画が得られなければ意味がありません。
探偵事務所が暗闇で撮影ができる機材を保有していなければ、撮影可能な場所で浮気をするまで待たなければならないのです。

関西No1の実績