浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

協議離婚・調停離婚・裁判離婚

夫婦の関係というのはうまくいっているときにはいいのですが、うまくいかなくなってくると共に暮らしたりするのが苦痛になってきたりします。
子供がいるからといって我慢をしてきても、亀裂が入った状態では逆に仲が悪くて子供に悪影響だったりすることもあるのです。

離婚の仕方いろいろ

離婚すべきか否かという問題は、簡単に片づけられるものではありません。
また、離婚をすると決めても相手側が納得しなければなりません。
するにしても、しないにしても、大きなパワーが必要です。

離婚して新たな人生を選ぶのも賢明な場合があります。

離婚をするにあたって、いろいろな理由が考えられます。
夫婦にしか理解できないこともあることでしょう。
価値観の違いやほかへ気持ちが動いたり、暴力的なことが原因だったり、それぞれの夫婦で理由があります。
以前は、世間体もあり、なかなか離婚をすることができない人たちが多かったのですが、今はバツイチ、バツ二というのが普通になっています。
我慢せずに新たな人生を切り開いた方が賢明な判断であることでしょう。

協議離婚→調停離婚→裁判離婚

通常、別れるといった話になってくると、両者の話し合いで進めていくことになります。
これを協議といい、ほとんどの人たちが協議離婚をしているのが現状です。
しかし、スムーズに話が進めばいいのですが、状況によってはかなり揉めることもあります。
いくら話をしても決着がつかないということもあるのです。
特に親権をめぐる争いでは、子供を思うあまり、なかなか最終的な結論までに至らないものなのです。
また、暴力などで直接話をすることができないということもあります。
こういった場合には、調停を行っていきます。

調停というのは、基本的には住所のある地域の管轄の家庭裁判所に離婚の申し立てをしていき、間に調停委員が入って話を進めていくことになるものです。
弁護士などを依頼するのであれば費用はかかるものですが、そうでなければそれほど費用がかからないので、離婚問題の解決の方法としてはいいでしょう。
申し立てをすると、裁判所の方から申立人と相手方に呼び出しの連絡がくるようになります。
そして、月に一度程度のペースで調停委員が入り、話を進めていきます。
これを半年間ほど行っていき、まとまらなければ不調ということで、離婚裁判にすることができるようになります。

離婚裁判の場合では、家庭裁判所に離婚の訴えの提起をしていきます。
まずは、訴状の提出をします。
すると、第1回目の口頭弁論期日を定め、相手方に訴状を送ることになります。
そして、双方が言い分を主張して、争点の整理や検証を行っていくことになります。
その際には証拠の提出などもあります。
その審理は1ヶ月に1度程度行われ、最終的には離婚請求を容認するか、離婚請求を棄却するかという判決が出されることになります。
このような流れで夫婦問題を解決していくことになるのです。  

関西No1の実績