浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気調査料金を安く抑える方法

浮気・不倫調査の値段の安さだけで選ぶと調査結果に満足いかない場合もあります

恋人やパートナーに浮気の気配があるような時、選択肢は様々ですが離婚などその後の交渉に役に立つのは決定的な証拠です。
しかし一般の方がこのようなものを自力で用意するのは極めて難しく、必然調査会社等に浮気調査を依頼することになります。

ただしそこでネックとなるのが浮気調査にかかる料金で、依頼する側とすれば少しでも安く抑えたいと思うのは当然ですが、料金と調査の質の兼ね合いもあり値段の安さだけで依頼してしまうとなかなか満足できる浮気調査とならないこともあるのです。

基本的に浮気調査では調査日数が長くなればなるほど料金が加算されていくシステムがとられており、調査能力の低い業者を選んでしまうと決定的な証拠となる現場写真等を押さえるのに大変時間がかかってしまいますし、ひどい場合こちらが用意していた予算を超えてしまったり、証拠が押さえられないまま調査が終了してしまうこともあるのです。

こういったことを避けるには浮気調査に確かな経験と実績のある調査会社を選ぶことが賢い方法で、あらかじめホームページ等で解決実績等を調べてしっかりとその業者の能力を見極めるようにしましょう。

浮気・不倫調査の値段が、総トータルでいくらかかるのかを予め聞いておきましょう

かつては法外な調査料金を請求する業者も目立ちましたが、現在は浮気調査の場合1日あたりの費用は5万円から10万円程度が相場となっています。
とはいっても大きく開きのある数字ですが、これは人件費や基本料だけを記載している場合もあれば、車の使用料や撮影機材費、そのほかの諸経費をすべて含めた数字を記載している場合もあるからなのです。
ですので記載されている数字が安価であるからといってすぐに飛びつくのではなく、調査完了までにいくら程度かかるのかといったことを重点に考えなくてはなりません。

自分で調べることもある程度可能ですが、最近は調査にかかる総費用をあらかじめ依頼者が相談すれば教えてくれる業者も多く存在し、料金以外にも分からないことや不安なことを何でも答えて相談してくれます。
以前と違ってよくわからない料金体系では明朗会計を率先して行っている業者に対して優位に立てないと考える業者が増えているのです。
そして費用を安く抑えるには調査会社の能力だけではなく、依頼する方との協力関係も大変重要で、ターゲットの行動や向かいやすい場所が分かっているのであれば包み隠さず話しましょう。
プライベートで恥ずかしいことでもそのことによってスムーズに調査が進むこともあり、より安く済むことになるのです。

関西No1の実績