浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

相手の浮気不倫を問いただす時のNGとは

問いただす際に大切なこととは

まずは、状況整理をして、冷静に問いただせるようにしましょう

相手の浮気・不倫を疑った時には、まず自分ができる範囲で調べてみましょう。
例えば、相手が親しくしている友達や会社の仲間といった身近な人にさりげなく、最近の様子を聞いてみることもおすすめです。
その内容の中に、自分が聞いていた話と違っていたり、遠出をしたような話がある場合には自分に隠し事や嘘をついている可能性があります。
さらに、最近の言動を振り返ってみましょう。
携帯を常に気にしていたり、急にロックをかけるようになった場合には見られたくないことがある可能性があります。
さらに二人でいるときに電話の着信相手を確認して出なかったり、電話を外でするようになった、というような行動も怪しいポイントです。
自分の前では、電話をすることができないということなので浮気関係の着信の可能性があります。
しかし、自分でできることには限界があります。
無理をすることはせずに、専門家に調査を依頼することも一つの選択です。
有効に利用しましょう。

このように、浮気・不倫を疑うことでおかしな点や疑いの気持ちが増えていきますが、自分だけで考えていても答えはでません。
そのため、自分の中で覚悟ができたら浮気・不倫を問いただすことも大切です。
しかし、その言い方として怒らせるような言い方はNGです。
なぜなら、冷静に話ができないからです。
そのため、冷静に話を進めましょう。

問いただす際の具体的なNG例

携帯を見たは絶対にNG

一方で浮気・不倫について相手が自分から話をしなければならないような状況を作り出してあげると、本当のことを早く知ることができます。
その問いただす方法として、証拠を突きつけることです。
しかし、携帯からの情報はNGです。
自分の携帯を見られたことを知った場合、見たことを責められるようになります。
そのため、浮気をしている方が悪いのに自分も悪いと責められる結果となってしまいます。
注意をしましょう。

自分にも非があると感じることもNG

さらに、NGなこととして、自分にも非があると感じることです。
どのような理由であっても浮気・不倫をしたのは相手なのです。
生活の中心が子供にいっていた、愛してくれなかったと言われたとしても、自分を悪いと思う必要はありません。
自分がちゃんと愛していたことに自信をもちましょう。
このように、付き合っている時や、結婚してから浮気や不倫で悩むことがある場合もあります。
しかし、自分だけで考えることなくプロにも頼りましょう。
そして、自分がこの後どうしたいのか、についても考えるきっかけになります。
信頼できる人と人生を歩みましょう。

関西No1の実績