浮気・不倫に関する豆知識 浮気・不倫に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気と不倫の違いや、夫や妻の浮気・不倫の見抜き方、慰謝料の相場など、浮気・不倫に関する様々な豆知識を掲載しています。

浮気調査は人権侵害にならない?

浮気調査自体は問題ありませんが調査の方法によっては人権侵害・違法行為になる恐れがあります

浮気調査は結婚した相手や婚約者プライベートな部分を調べることになりますが、正当な理由があって違法な方法でなければ人権侵害になりません。
裁判で離婚や慰謝料請求の訴訟を起こす場合には、裁判所に浮気の証拠を提出しなければなりません。
浮気の証拠を押さえるためには調査をしなければならないからです但し、違法な方法で調査をしたらアウトです。
違法な方法で撮影した写真や動画などは裁判所で証拠として認めてもらえませんし、逆に違法行為の責任を問われてしまう恐れがあります。
浮気の調査を行う場合に違法な方法で動画や写真を撮影したり、インターネットでメールを盗み読みしたりしたら違法行為になってしまいます。
例えば恋人の部屋に忍び込んで、勝手に盗聴・盗撮用の小型機器を設置したらアウトです。恋人とはいえ、法律上は他人だからです。
本人が席を外している間に携帯電話・スマートフォン・パソコンなどでサーバーからメールの読み込みをしたら不正アクセス禁止法に違反してしまいます。
本人に無断でスマートフォンに盗難防止アプリをインストールして遠隔操作を行う行為も不正アクセスになってしまいます。浮気調査用の小型GPS装置を会社や恋人の自動車に無断で設置する行為もアウトです。
オートロックマンションに侵入して、浮気現場を撮影すると不法侵入に問われてしまう恐れがあります。浮気調査を行うことは問題がありませんが、やり方によっては違法行為や人権侵害になる恐れがあるのです。
さらに合法的な方法で浮気調査を行うのであれば問題がありませんが、浮気の証拠や情報を職場や近所の人など無関係の人に知らせてしまうと人権侵害になる恐れがあります。

人権侵害・違法行為にならない浮気調査とは

他人の家や自動車に勝手に侵入して録音・録画機器やGPS端末を設置することは違法行為ですが、自宅や自家用車にカメラや録音機器、GPS端末を設置するのであれば何の問題もありません。
プロの探偵に浮気調査を依頼した場合、家族に同意の上で自宅に盗聴器や盗撮器を設置する場合があるのです。
他にもメールサーバーからメッセージをダウンロードせずに、家族の携帯電話やスマートフォンに保存されているメールを読むだけであればギリギリセーフです。
マンションや民家の敷地外の道路などから動画や写真を撮影する行為も問題がありません。現実の問題として、素人が違法行為にならない範囲で浮気の決定的な証拠を押さえるのはかなり難しいのです。
どうしても浮気の証拠が必要なら、プロの探偵に浮気調査を依頼した方が良いでしょう。

関西No1の実績