探偵に関する豆知識 探偵に関する豆知識
  • 連絡方法を徹底 万が一でも安心
  • 関西No1の調査実績
  • 適正料金で安心【業界最安値】
  • 交通アクセス

浮気調査・家出調査の調査内容と方法や、探偵事務所の選び方など、探偵に関する様々な豆知識を掲載しています。

探偵の「調査」は個人情報保護法に抵触しないのか

数多く存在している業種の中には探偵業というものがあります。
この業界では悩み事を持っている方を対象として不具合を解消するために役立つ仕事を提供しています。
探偵業で依頼が多いとされる内容では、浮気調査を依頼する方や、家出人の捜索、特定の人物の素行調査などを挙げることができますが、基本的には個人を対象として、普通では把握することが難しいような内容であっても、探偵に任せることによって個人的な情報を的確に得ることができるものです。

「可能な調査業務」と「不可能な調査業務」

近年では個人情報保護法というものが施行されたことで、他人が勝手に個人情報を流出させたり、本人の承諾を得ずに個人情報を提供してしまうことを禁じています。
そのため探偵には調査業務の中にも踏み込める、踏み込めない部分が出てきます。

「個人情報保護のための措置の特例に関する指針」により調査業務を行うことは可能

個人情報保護法を解釈するならば、探偵業は仕事自体が遂行できなくなると考える方も多い傾向にあります。
しかし、国は興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針というものを制定しており、実質的には探偵業の場合では、これまで通り調査業務を行うことを可能にしています。
そもそも個人情報保護法に関しては、数多くの個人情報を得ている団体や事業者に対して適用される内容を持っていることから、探偵業の場合では該当することが無いと解釈することもできます。

違法性を持った依頼はお断り

依頼主の場合ではパートナーや家族を対象に仕事依頼を行うケースも多く、本来の依頼内容の性質から言っても、基本的に悪意などを持っておらず、寧ろ安定的な生活を取り戻すことを望む方が多いものです。
結果的に個人情報保護法には抵触することなく利用できることになりますが、具体的に法律によって認められている仕事内容では、家出人の捜索やイジメなどの調査、結婚調査や素行調査など必要条件が揃っている際に問題なく取り組むことが許可されていることになります。
勿論、各種調査を行う場面では、常に法令に従って、違法行為をすることなく業務を遂行することが求められているものですが、何より依頼主からの要望によって発動する内容でもあり、依頼内容によっては対象者も救われるという事例も多数あります。

各探偵事務所では既に個人情報保護法には精通しているスタッフが仕事を行っていることになり、この点には細心の注意を払って常に適切な方法によって、調査が実施されいるので、利用者は安心して依頼を行うことができます。

逆に違法性を持った依頼の場合では、探偵事務所側で受け付けを行わないことが基本とされているので、事前にカウンセリングを行う時点で正しい判断を行うことができるでしょう。

関西No1の実績